新・2-5周回編成

最近流行の2?5編成、軽空3・阿武隈改ニ・駆逐2があまりにすごいので毎日南西をやる勢いです。艦載機熟練度からかなりゲームが変わった感じで、開幕でなぎ払うことができるようになって来ました。さらに甲標的を軽巡扱いのまま使用できる阿武隈改ニの実装で、雷巡・潜水艦がはじかれる海域でも軽巡が問題なければ開幕雷撃を持ち込めるようになり、敵の駆逐軽巡クラスであれば開幕で1枚減らせるように。

コレを踏まえた2-5周回用の編成が以下。

軽空母3を前に。最低でも昼の砲撃戦までに敵を掃討するため、夜戦を想定した構成ではない。そのため昼戦2順目の頭に軽空母の一撃を叩き込んで敵を潰す構成。装備は艦攻マシマシ。友永隊と村田隊だけで制空が取れるほど空母がいない海域なので艦戦は積まない。昼戦で敵戦艦の先手を打つために整備員をありったけ。また、開幕爆撃命なので二式艦偵で触接倍率を上げる。(友永隊と合わせてさらに良し)。命中精度を上げるために電探も入れているが、これを副砲にして射程を稼いだ方がいいかどうかはこれから検証。彩雲はいらなそう。

阿武隈は一応夜戦までもつれ込んでしまった場合に備えて軽空母勢の次に。最初は魚雷2甲標的で運用していたが、それだと昼の砲撃戦で足を引っ張るのと、甲標的だけでも軽巡までワンパンできたので命中重視の主砲を搭載。2本載せて夜戦連撃も入れておく。

駆逐2は完全にルート固定要員。極端な話、最後の索敵のために電探とダメコン積んだバイト艦でも問題はない。より楽をしたいなら夕立と綾波で少しでも昼戦火力を期待するといい。改装が終わった最近の駆逐艦(30以上)のレベリングにちょうどいいかもしれない。

運がよければ全戦完全勝利、運が悪ければ2戦目で戦艦から大破をもらって帰るが、運用コストが安くて周回に困らない。月初めに第五戦隊のマンスリーを片付けたらもうこの編成だけでいいんじゃないかな。空母・補給艦がいないのでい号、ろ号が進まないけど、南西が最低5周で終わり、あ号も捗る優秀な周回になる。

秋刀魚祭り中は磯風チャンスなのだが・・・なぜ大鯨が2隻でるかw;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です