買い換えするとしたらド本命 – E-30

出る出ると噂のオリンパスの中級機,E-30が発表になりました.
E-3とE-520の中間性能ということでどの程度のスペックで出てくるか楽しみだったんですが,これが予想以上だったもんでかなりグラッと来ています.
この方向になぜペンタックスは行けなかったのか,残念でなりません...
以下,スペック拾い読み&雑感.

ライブビュー&E-3比で大きくなった2.7型フリーアングル液晶搭載.
電子水準器を搭載.水平,あおりにも対応.ファインダー,ライブビュー上に表示可能.
・AF性能はE-3と同等.全点クロスセンサー11点測距,5コマ/秒の連射性能.
・ファインダーはペンタプリズム仕様,視野率98%の倍率1.02倍.
・E-3と同等の5段分の手ぶれ補正&オリンパス得意の超音波防塵SSWF
・ライブビュー時のみアスペクト比を選択可能.正方アス比も選択可.
・撮像エンジンを刷新.ダイナミックレンジがより広く.
・重量655g.(E-3=810g,K20D=715g,K200D=630g)
・本体のみで15万前後,レンズキットで20万前後の予想.

まー,これでもかとくすぐってきますね.フリーアングル液晶だけでもありがたいのに電子水準器まで.さらにペンタプリズム仕様と.軽さで負け,ライブビューで負け,AFで負け...こんなモンぶつけられたらK20D売れねぇよ!
ざっとみたところの不満点を言えば,キットレンズ込みの値段で考えるとE-3と価格帯が大して違わない点と,電源が訳分かんない位置にあることを含め,ボタン配置が煩雑過ぎることか.PENTAXはUI優秀だよなぁ.
くっそー,宝くじでも当たったら速攻で突っ込むのにw;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です