近況報告 – そもそも更新が止まってたワケ

ある程度カスタムもひと段落かというところまで来たので,ぼちぼち更新を開始してみます.
まずはそもそも更新が止まってたワケについて.

事の発端は今年の3月末.
利用していたブログツールWordPress MEを公開していたWordPress Japanがすべてのコンテンツを抹消し閉鎖されたのです.
なにやら本家とモメただのなんだのというキナくさい話もあるようですが,とりあえずそれは別の話.
ME版の更新停止を切っ掛けに,セキュリティ面の懸念やアドオン・テーマの選択肢の狭さを感じていたため,本家の最新版に移行することを決意しました.

しかしここで一つ壁が立ちはだかります.

そもそも本家を利用せずWordPress ME版,それもわざと2.0.XX系を利用していた理由として,日本語対応,文字コードのマッチング,MySQLのバージョンという問題がありました.
特にネックだったのはMySQLのバージョン問題です.私が利用していたJust-size.networkのサーバはMySQLのバージョンが低いサーバで,本家もさることながらME版の最新版すら利用できなかったのです.
2.0.XX系は機能面の実装を犠牲に,バージョンの低いMySQLデータベースでも動作するものだったわけです.

そこで,レンタルサーバの契約更新に合わせ,本家WordPress最新版が動作するMySQLのバージョンが導入されているサーバへ,サーバスペースを移動させてもらったのです.
手続きとしては多少のトラブルを挟みつつ3日程度で終了,環境を新サーバスペースに移行させていました.

これで最新版WordPressが利用できる,と息巻いてインストール作業を行いました.
念のため以前の環境を別にとっておき,ディレクトリを分けて実装.
動作確認上では特に問題はない...かのように思われました.
しかし不測の事態というのは往々にして潜んでいるものです.

本家WordPressの日本語対応最新版を入れたはずなのに管理画面がすべて英語表示だったんです.
む,文字コードの問題か?と管理画面の設定からページとフィードの文字コードをEUC-jpからUTF-8に変更してみたところ...
なんと管理画面を含め,エントリーすべての日本語部分がすべて文字化けしてしまったんですね.
S-JISも同様.
おそらく旧WordPress ME版のデータベースがEUC-JPなために起きた悲劇だろうと推測.
解決策を探ろうにもMySQLの知識は皆無のため,そのまましばらく放置してしまったわけです.

今回,一念発起してデータベースを一度クリアし,再度インストール作業を実行しなおすことで文字コード関連のトラブルは一掃されました.
残念ながら以前のブログのデータは念には念を入れる形で抹消という形をとりましたが,これである意味後顧の憂いは断たれたかな,と.
またーりと更新再開と行くつもりです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください